【真実】セルフカラーで髪は傷む?美容院のカラーとセルフカラーの違いを元美容師がわかりやすく解説!

セルフカラーは傷むのか? 美容
悩めるうし
悩めるうし

美容院に行けないから、セルフカラーしようと思うんだけど、セルフカラーって傷むの?

美容院でカラーしても自分でセルフカラーしても仕上がりはそんなに変わらないでしょ?

という方に向けてこの記事を書いています。

ちなみにわたしは元美容師でして、美容師免許を持っております。

専門的な知識もはさみながら、そんな疑問にお答えできればと思っております^^

しょっぱなから暑苦しくて申し訳ございませんが…

セルフカラーはですね…

まるこ
まるこ

めっちゃ髪が傷みますっ!(関係者の方申し訳ございません…)

セルフカラーとサロンカラーは100倍(いや、200倍)の差があると思っていただいて間違いありません。

しかも、傷むだけじゃなく、いろーんなデメリットがあります。

美容師の本音としては、市販のカラー剤でのセルフカラーはやめていただきたい…とみなさん思っていることでしょう。

市販のカラー剤を一度でも髪の毛に塗ってしまったら、髪が…終ってしまうんです…。いろんな意味で…。

そのあたりも詳しくお話させていただきます。

この記事のポイント
  • セルフカラーでどれだけ髪が傷むのか
  • 何故セルフカラーで髪が傷むのか
  • セルフカラーと美容院カラーの大きな違い
  • カラーが上手な美容院の探し方

というラインナップです。

疑問をスッキリ解消してください^^

スポンサーリンク

元美容師が断言!セルフカラーは髪がめっちゃ傷む…

セルフカラーは傷むのか?

セルフカラーの薬剤は、ドラッグストアやネット通販を利用すると数百円で購入できます。

自宅で簡単に髪の毛が染められてお手軽ですよね。

セルフカラーとサロン(美容院)カラーの値段の差は10倍程度

少しでも美容院代を節約したいという方は、セルフカラーのお世話になりたいと思われることでしょう。

まるこ
まるこ

でも、ちょっとまってください!

市販のカラー剤は、テレビCMでキレイなモデルさんがイメージキャラクターをしていますよね。

でも、そのモデルさんが実際にそのカラー剤を使用して髪を染めているかというと、

残念ながらほぼ100%ありえません。(美容師でなくてもなんとなく想像できますよね…)

理由は、市販のカラー剤を使ってもきれいに染められないし、ものすごく髪が傷むからです。

実際に使っていないのに、何故あたかもそのカラー剤を使用しているかのようなをしているんだろうと、いつも疑問に思います。

また、ドラッグストアにはズラリと彩とりどりのカラー剤が並んでいて、購入する方はパッケージやサンプルの髪色を参考に選びますよね。

残酷なことを言いますが…、ほぼほぼ思い描いている髪色にはなりません。(これはパッケージにも注意書きしてあるとおもいます)

まるこ
まるこ

わたしも美容学校時代に市販のカラー剤で髪を染めて盛大に失敗し、先生にめっちゃ怒られたことがあります。(手軽だし安いからつい…)

髪の痛みや仕上がりにはこだわらないよという方は、セルフカラーでも全然いいと思いますが、

美容院に行けないから応急としてセルフカラーをしようという方や、キレイに髪を染めることを目的としている方には個人的にはあまりおすすめできない方法です。

スポンサーリンク

セルフカラーは傷むだけじゃない。デメリットを知っておこう

また、セルフカラーは髪の毛が傷むだけじゃなく、他にもいろんなデメリットがあるんです。たとえば…

  • 髪がキレイに染まらない
  • 皮膚が弱いと肌荒れする
  • 次に髪を染める時にきれいに染められない
  • 色持ちが悪くなる

ざっと挙げるだけでもこんな感じです。もう少し説明させてくださいね。

セルフカラーのデメリット①髪がキレイに染まらない

そもそも、自分で髪を染めるってなかなか難しいです。

白髪染めだとベッタリ塗るだけで問題ないのですが、明るく染めるカラー剤は薬剤を均一に塗れていないとムラっぽくなってしまって仕上がりが汚くなってしまいます。

美容師でさえセルフでするのは失敗する確率が高いので、誰かに染めてもらいます。

まるこ
まるこ

特に後頭部あたりは失敗しやすいよ…

セルフカラーのデメリット②皮膚が弱いと肌荒れする

セルフカラーに使用する市販のカラー剤はどんなタイプの髪質の方でもある程度染まるように、ちょっと強力につくってあります。

そのため肌の弱い方が使用すると刺激を感じたり、かぶれたりすることも。

まるこ
まるこ

特に明るめのカラーはより刺激が強い薬品の割合が高いので要注意だよ

セルフカラーのデメリット③次に髪を染める時にきれいに染められない

カラーって色落ちしたら終わりだと思われがちなのですが、そもそも髪の毛のカラーリングというのは

髪の毛にもともとある色素を抜いて、カラー剤の色素を髪の毛に入れ込む

という仕組みです。

カラーリングした髪の毛は生え代わるまで「元の色素は抜けっぱなし」ですし「カラー剤の色素は残ったまま」です。

髪色が色落ちして見えるのは、カラー剤の色素が少しづつ髪から抜けていくからなんですが、完全に色素が抜け切ることはなくて、多少残っています。

美容師さんはいわば「お客様の髪の主治医」みたいな役割でして、髪の毛にどの色素がどれだけ残っているのかを計算しながら毎回カラーをしているんですね。

「前回はこの色素を入れて、今はこれくらい残っているだろうから、今回はこれくらい入れればキレイに発色するだろう」

と計算してカラーしてるんです。

自分でセルフカラーをしてしまうと、美容師さんの計算が狂ってしまいますし、染め部分にムラがあると次に染める時にキレイに染まらなくなってしまいます…。

まるこ
まるこ

絵具の色を混ぜまくったら、汚い色になるのと同じ原理です

セルフカラーのデメリット④色持ちが悪くなる

また、セルフカラーで使用する薬剤は成分が強すぎて、髪の毛を保護したりキレイに見せるためのキューティクルをボロボロに剥がしてしまいます。

つまり、髪が傷んだ状態=キューティクルが剥がれた状態というわけなんです。

キューティクルが剥がれていると、キューティクルの隙間から髪の毛の水分やカラー剤の色素が流れ出てしまってカラーの色持ちが悪くなります。

セルフカラーをしてもすぐに色落ちしてしまうのはこれが理由なんです。

スポンサーリンク

美容院カラーの方が100倍傷まないし、100倍美しい仕上がり

断言しますが美容院カラーはセルフカラーと比べて100倍、いや200倍髪が傷みませんし、何よりキレイな仕上がりになります。

でも、なにがそんなに違うんでしょう?美容院とセルフの違いはなんでしょう?

そもそも薬剤の成分が全く違う

カラー剤の質がまず全然違います。美容院で使用するカラー剤はなるべく髪を傷めないような成分を使用していますし、カラーバリエーションも豊富です。

美容院カラーは人の髪質に合わせて薬剤の濃度や色味を変えてます

実は、人によって髪の染まりやすさや、もともと持っている髪の毛の色素が違います。

なので、同じカラー剤を使用しても

  • すごく染まりやすい人
  • 全然染まらない人
  • 髪色が赤っぽくなりやすい人
  • 黄色っぽくなりやすい人

など千差万別です。

美容師さんはお客さんの髪の毛の質を瞬時に見極めて、その人にぴったりの濃度の薬剤や色素の配合を考えて、1からカラー剤をブレンドするんです。

美容師さんはあらゆるカラーテクニックを駆使している

さらにさらに、髪質や体温によっても染まりやすさが違ってくるので、このあたりも上手く調整して、カラーを放置する時間を人によって変えています。

あと熟達者の方は、部位によってカラー剤を塗る量を変えたり、時間をずらして塗ったりもします。だから美容院カラーはとてもキレイに仕上がるんですね。

まるこ
まるこ

…いかに美容院でのカラーに手間暇がかかっているかお分かりいただけたでしょうか

美容院のシャンプーを使うと色持ちが良くなる

あと、極めつけは美容院専用のシャンプーを使用することでカラーが長持ちすることです。トリートメントをすると更に長持ちしますね!

スポンサーリンク

傷むのが嫌&おしゃれになりたいなら、カラーが上手な美容院を選ぶべし

美容院代の節約

美容院によってカラーの上手さは全然違う

ここまでご覧いただいた方はお分かりかと思いますが、美容院でのカラーリングってかなり奥が深いんです。

けっこうテクニックがいることなんです。

まるこ
まるこ

ここだけの話、美容師さんによってカラーのテクニックにめっちゃ差があります

上手い人は芸術的に上手い。下手な人は…。。。なのです。

髪の傷みも仕上がりの美しさも雲泥の差です!

でも美容院のカラーリング料金ってわりとどこも同じような値段ですよね…?

どうせ同じ料金でカラーをしてもらうのであれば、カラーリングの上手な美容院や美容師さんにしてもらったほうがいいですよ!

髪色や髪の毛のツヤが与える人の印象ってかなり大きいですから!

まるこ
まるこ

かわいく、かっこよくなりたいならカラーはとても大事です

カラーリングの上手な美容院を見つけよう

カラーリングが上手な美容院っていっても、そんな美容院をどうやって見つければいいのでしょう。

そこで、いい方法があります。

まるこ
まるこ

元美容師としておすすめするのがホットペッパービューティーを使った美容院探しだよ!

ホットペッパービューティーは全国の美容院を特徴別に簡単に探すことができるツールで、カラーが得意な美容院を一発で探すことができます。

ホットペッパービューティーで美容院を探す

まるこ
まるこ

カラーが上手な美容院を探すのは、とても簡単です

ホットペッパービューティーのサイトにアクセスすると、こんな画面になります。

カラーの上手な美容院の探し方
まるこ
まるこ

サイトにアクセスして、「メニュー」を選んで

カラーの上手な美容院の探し方
まるこ
まるこ

カラーの特集に掲載されている美容院を探すだけ

カラーリングが上手な美容院をすぐに探せる!

カラーの好きな美容院の探し方
まるこ
まるこ

カラーリングの専門家がいる美容院なら間違いないです

どんなカラーリングをしてくれるのかも記載してくれているので、とても選びやすいです。

ホットペッパーなら半額近くお得になることも!

カラーリングは高いイメージもありますが、ホットペッパーからクーポンを使って予約すると、半額近く安くなるので、正直めちゃくちゃお得です。

カラーの上手な美容院の探し方
まるこ
まるこ

レベルの高いサロンが半額近いのは、かなりグッジョブ!

スポンサーリンク

どうしてもセルフカラーがしたい方は「ヘアマニキュア」を!

悩めるうし
悩めるうし

どうしても、どうしてもセルフカラーがいいんだいっ!外に出たくないの

という方には、セルフカラーをするのであれば「ヘアマニキュア」ならおすすめできます。

ヘアマニキュアは通常のカラー剤のように明るく染めたりするのは難しいのですが、髪の毛に色のついた特殊なワックスのようなものをコーティングするだけなので髪の毛を傷める心配がありません

まるこ
まるこ

長くなるので詳しいことは割愛しますが、セルフカラーはヘアマニキュアならOKと覚えておいてね

こんなのがあります。

ブリーチ毛でない限りはこんな色にはならないですよ!笑

もともとブリーチした金髪に使用するものなんですが、黒髪や茶髪に使用してもOKです。

まるこ
まるこ

ほんのり、ピンクのベールがかかったみたいになります。光に当たるとピンクっぽく見えてさりげなくオシャレ

いろんな色があるので探してみてください。

スポンサーリンク

傷まないカラーなら、ぜひ美容院カラーを!

セルフカラーはほんとに髪の毛が傷むのでご用心です。。

セルフカラーをするなら、せめてヘアマニュキアで応急処置を…。

そしてカラーを美容院でするなら、カラーの上手な人にやってもらってください。

カラーが上手くいくだけで、イメージが全然違うので、ほんと垢抜けますよ!

とても大切なことで、ぜひ皆さんにも知っていただきたいです^^

美容に関する記事は他にもいろいろ書いているので、ぜひ参考にしてみてくださいねー!

こんな記事もおすすめ
マスクに「すっぴん」で美容室に行ってもいいの?美容師の本音を元美容師が答えちゃいます!
美容室にはすっぴんマスクで行っても大丈夫?元美容師が美容師の本音とともに、その可否にお答えします!美容室でのマスク着用時の注意点などもご紹介。
【コロナ流行中】美容院は行っても大丈夫?お客さんができるウイルス感染対策を元美容師がご紹介
不要不急の外出が制限されている中、美容院には行ってもいいの?美容院でのウイルス感染リスクが心配という方に向けて元美容師が「お客さんができる」感染対策をご紹介します。
美容院でマスクは、つけたままでいいの?元美容師がお答えします
美容院を利用する際にはマスクを着用したまでも大丈夫なのかを、元美容師が実体験を元にご紹介します。
失敗しない美容院の選び方を元美容師がお教えします
しっくりくる美容院と出会えない方のために、あなたにぴったりな美容院の選び方を元美容師である私がご紹介します。
美容院代を節約する方法を元美容師がこっそり教えます!
美容院代を節約したいけれど、おしゃれになヘアスタイルにもこだわりたい方へ向けて、美容院代節約の裏ワザを元美容師のわたしがご紹介します。