マスクをつけたままのファンデーションは肌に悪いの?お肌を守るマスク着用とファンデの塗り方

マスクにファンデーションは肌に悪い?いい? 美容
悩めるうし
悩めるうし

マスクをつけたままのファンデーションは肌に悪いの?

“マスクをつける時にファンデーションを塗っていると肌に悪い”

“すっぴんマスクは肌に悪いからファンデーションは塗らないといけない”

いろんな意見がありますが、いったいどちらが本当の意見なのでしょうか?

結果的に申しますと、正しくマスクを着用できていれば、マスクをつける際にファンデーションを塗っていても問題はありません

でも、気を付けて着用しないと化粧崩れやニキビや肌荒れの原因になるので注意しましょう。

今回の記事のポイント
  • マスクをつけたままのファンデーションはOK
  • ただ、着用方法やファンデの塗り方の注意あり
  • お肌を守るマスク着用方法
  • マスク着用時のファンデーションの塗り方の工夫

といったラインナップでお送りします!

ちなみに筆者は新型コロナウイルスが猛威を振るう前から、ほとんど365日マスクを着用しています。

お肌が敏感なので、着用するマスクや着用方法にもこだわりがあります。

お肌に優しいマスク着用方法やマスクをつけたままでも崩れにくいメイク方法など共有できればと思います(^^)/

スポンサーリンク

マスクをつけたままのファンデーションは肌に悪い?

マスクとファンデーションの組み合わせ自体は問題なし!

ファンデーションをつけたまま、マスクをすると肌が荒れるんじゃないかと心配になりませんか?

実際に、ファンデーションを塗ってマスクをつけると肌が荒れるという方も中にはいらっしゃるでしょう。

しかし、「マスク×ファンデーション」が直接的に肌荒れの原因になっているわけではないんです。

ファンデーションをしたままマスクをつけると肌に良くないと言われる原因は

  • マスク内の水蒸気による雑菌の繁殖
  • 水蒸気がくり返し蒸発することによる過度な乾燥
  • マスクの繊維が肌を傷つけてしまっている

であることが多いです。

詳しく知りたいという方は、過去記事の【結局どっち?】マスクはすっぴんで着用すると肌にいいの?肌荒れするの?を見てみてくださいね。

原因があって肌荒れしたりニキビができてしまうので、原因対策をした上でマスクを適切に着用していればファンデーションをつけたままでも大丈夫です。

スポンサーリンク

お肌を守るマスクの正しい着用方法

それでは、ファンデーションをつけた状態でマスクをつけた時に肌が荒れてしまわないよう、『お肌を守るマスクの着用方法』をご紹介します。

この方法は、お肌を守る着用方法なのであると同時に本来のマスクの役割を最大限に発揮できる方法でもあります。

ウイルスや菌を周りにまき散らすことを最大限に防げます。

自分のお肌だけでなく、周りの人を守る方法でもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ちなみにそのマスクのつけ方とは

お肌を守るマスクのつけ方
  • 自分の顔の大きさと形に合ったマスクをつける
  • マスクは1日に何度か取り換える
  • 適切な場所とタイミングでマスクを外してお肌を休める
  • マスクをつける時には保湿を多めに塗っておく
  • お肌に優しい素材のマスクを選ぶ

といったことを意識するといいと思います!

順にみていきますね。

①自分の顔の大きさと形に合ったマスクをつける

自分の顔のサイズや形にに合っていないマスクをつけてしまっていると、菌やウイルスを食い止める効果が半減してしまうだけではありません。

マスクの内部は過度な多湿や乾燥状態になります。

そうすると、お肌の周りに雑菌が繁殖して不衛生な状態になったり、過度に乾燥してしまうことになり、お肌トラブルへと発展してしまうのです。

最近では、いろんな大きさ、プリーツ型や立体型などいろんな形のマスクがあるため自分の顔の大きさや形に合ったマスクを選ぶようにしましましょう。

②マスクは1日に何度か取り換える

マスクを長時間つけていると、マスクの内部が蒸れて雑菌が繁殖してしまいます

不衛生なマスクを長時間つけていると、お肌にいい影響があるわけありません。

また、細菌やウイルスが付着したマスクを長時間つけていると身体の内部に細菌やウイルスが入り込むリスクも高くなってしまいます。

できれば、マスクは1日ずっとつけっぱなしにせずに何度か取り換えることをおすすめします

とはいえ、マスク不足の今日では1日に何度もマスクを取り換える余裕はありませんよね。

そんな時は、ガーゼやティッシュ、フィルターをマスクの中にはさんでおいて定期的に取り換えることでマスク内部の衛生環境を少しばかり改善することができるでしょう。

③適切な場所とタイミングでマスクを外してお肌を休める

マスクの内部の蒸れ防止には、適切な場所とタイミングでマスクを外してお肌に新鮮な空気を当ててあげるという方法もあります。

お肌もムレムレの窮屈なところにいると、ストレスを感じてしまうので、適度に休ませてあげてください。

マスクを外す際の注意点としては

  • 周りに人がいない環境で外すこと
  • 必ず手を洗ってから外すこと

などがありますが、くれぐれも慎重に。

特に今は新型コロナウイルスが流行っているので、外出中はマスクは外さない、家に帰ってきたらすぐにマスクを外すという方法がよいでしょう。

マスクの取り扱い方については厚生労働省が公表している情報を載せておきますね。(厚生労働省HP)

④マスクをつける際には保湿を多めに塗っておく

マスクは保湿の効果があるということはよく知られていますが、乾燥を招くということはあまり知られていません。

マスク内部の水蒸気が蒸発をくりかえすことで、お肌の水分まで一緒に蒸発してしまい、お肌が過度な乾燥状態になってしまうのです。

マスクをするとお肌がガサガサになる…。という方は、マスクをすることでお肌が乾燥してしまっている可能性があります。

マスクをつける際には保湿剤を多く塗っておくことで、いくらか乾燥を防ぐことができます。

メイク前に保湿効果の高い化粧水を使ったり、保湿効果のあるファンデーションを塗るといった方法もおすすめです。

⑤お肌に優しい素材のマスクを選ぶ

マスクによる摩擦のせいで、お肌が荒れてしまうことも考えられます。

綿やウレタンなどのお肌に優しい素材のマスクを選ぶ方法があります。

お肌とマスクがよく擦れてしまう部分にはワセリンや保湿剤を多めに塗っておき、少しでも摩擦が軽減されるようにするという方法もあります。

スポンサーリンク

マスク着用時のファンデーションの塗り方の工夫

マスクをつけている時とつけていない時では肌環境が全くと言っていいほど違うので

普段通りにファンデーションを塗ってしまうと、乾燥による肌トラブルを起こしたり、メイクが崩れやすくなってしまいます。

マスクをする際におすすめなファンデーションの塗り方としては

  • 保湿をいつもよりたっぷり丁寧に
  • 汗や皮脂に強い化粧下地を使う
  • ファンデーションは厚塗りしないように

を心がけると、お肌トラブルを起こさず、ファンデーションも崩れにくいのでおすすめです。

保湿力の高いファンデーションを使ったり、リキッドファンデではなく軽い着け心地のパウダーファンデやミネラルファンデを使うという方法もなかなか効果がありますよ!

ご自分の肌質に合った方法をみつけてみてくださいね。

スポンサーリンク

少しの工夫で肌トラブルは防げる

いつものマスクのつけ方やファンデーションの塗り方を少し工夫するだけで、肌トラブルを起こすことなく快適に過ごすことができます。

わたしも今回ご紹介した方法を用いるまでは、マスク×ファンデの組み合わせでよく肌荒れをしていました。

原因さえ分かり、その原因さえ断ち切れば必ずトラブルは改善されます。

毎日のマスク着用でお悩みの方は、ぜひ今回ご紹介させていただいた方法を試してみていただきたいです。