ダウンジャケットが新品なのに獣臭い!ニオイの取り方や原因は?

ダウンジャケット 臭い 暮らし
悩めるうし
悩めるうし

新品のダウンジャケットが獣臭い!

悩めるうし
悩めるうし

使っているうちにダウンジャケットが臭くなってきたような気がする…

こんなこと、ありませんか?

今回はダウンジャケット特有の獣っぽい、脂っぽい臭いを解消する方法や、その原因についてご紹介します。

まるこ
まるこ

結論から言うと、ダウンジャケットの臭い取りには

  • 天日干し
  • クリーニング
  • 手洗い

という方法があります。

臭いの原因や度合い、ジャケットの性質によって適切な方法が違うので、気になる方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク

ダウンジャケットが獣臭くなる原因

ダウンジャケットが臭くなってしまう原因は、主に3つあります。

  • 羽毛処理が甘かった
  • 羽毛に雑菌が繁殖した
  • 何かの臭いが移った

それぞれ、解説していきますね。

臭いの原因①羽毛処理が甘かった

ダウンジャケットの中には鳥さんの羽が入っているのですが、鳥さんの羽をただむしるだけでは脂肪がいっしょにくっついてきてしまいます。

(鳥皮って脂っぽいですもんね)

これがちょっと(いや、かなり)臭いんです…。

ダウン製品に加工する際には、脂を取り除く処理をしっかりすることで臭いが軽減されるのですが、処理が甘いと臭いが残ってしまうことがあるのです。

新品のダウンジャケットなのに臭い場合、この原因が考えられます。

臭いの原因②羽毛に雑菌が繁殖した

新品の頃はそうでもなかったのに、使っているうちに獣臭さが強くなってきたという場合は、羽毛に雑菌が繁殖している可能性があります。

羽毛は水に弱い性質があります。水分や湿気をすぐに吸ってしまい乾きにくいので、濡れている時間が長いと雑菌が繁殖して臭いが強くなってしまうのです…。

生乾きの臭いがしたり、獣臭さが強くなった場合はこれが原因かもしれません。

臭いの原因③何かの臭いが移った

ダウンジャケットそのものから発している臭いというわけではなく、他のものから臭いが移ってしまったことも考えられます。例えば…

  • タバコ
  • 食べ物のにおい

は原因になっていることが多いでしょう。

特にタバコの臭いは衣類につきやすいので、居酒屋やカラオケボックスに行く際にタバコを吸う人がいる場合はご注意を。

ダウンジャケットは着ていかないか、袋に入れていくなどの対策をしましょう。

スポンサーリンク

ダウンジャケットの臭いの取り方

それでは、ダウンジャケットについた嫌なニオイはどのように取ればいいのでしょうか?

方法としては

  • 天日干し
  • クリーニング
  • 手洗い

と3つの方法がありますが、もっとも確実かつ安全な方法としておすすめなのが「クリーニング」です。

ダウンジャケットをクリーニングに出すと、1000円~2000円ほどかかってしまいますが、衣類を傷めず確実に臭いがとれるいちばんおすすめな方法です。

まるこ
まるこ

わたしも先日、迷いに迷ってクリーニングに出しましたが、キレイさっぱり臭いがとれましたよ!

とはいえ、軽い臭いであれば天日干しでとれる場合もありますし、中にはドライや手洗いがOKなダウンもあるかと思います。

少しだけ補足の説明をしますね。

臭いの取り方①天日干しする

軽く臭う程度であれば、天日干しするだけで随分と臭いが改善されます。

よく晴れた日の午前中からお昼過ぎくらいにかけて、ベランダや外にダウンジャケットを干してみてください。

日光に含まれる紫外線を当てて、ダウンをしっかり乾燥させることで殺菌され、臭いが軽減されますよ。

まるこ
まるこ

夜まで干したり、日をまたいで干してしまうと夜露や朝露でダウンが湿気て臭くなってしまうので注意してくださいね。

臭いの取り方②クリーニング出す

ダウンジャケットの洗濯マークを確認してみて、洗濯、ドライ、手洗いが不可になっている場合はクリーニングに出しましょう。

無理矢理手洗いすることもできるかもしれませんが、ダウンジャケットを傷めてしまいますし、手順を間違えると臭いがとれないばかりか、更に臭くなってしまうこともあります。

まるこ
まるこ

わたしも何度か自宅洗いに挑戦しましたが、乾燥が足りずに再度臭くなったり、ダウンがぺっちゃんこになったりしました…。

クリーニングに出すと、1000円~2000円。割と高い料金がかかってしまいますが、ダウンを痛めることなく確実に臭いがとれる方法です。

臭いの取り方③手洗いする

中にはドライや手洗いOKのダウンジャケットもあります。

ただ、ドライだけでは羽毛の隅々までしっかり洗うのが難しく、完全に臭いをとりきれないため、自宅洗いをするのであれば手洗いをおすすめします。

手洗いをするのであれば次のような手順で行ってください。

  1. 浴槽にダウンジャケットが浸る程度のぬるま湯を張る
  2. 衣類用中性洗剤と酸素系漂白剤を規定量入れる
  3. ダウンジャケットを浸す
  4. ジャケットの中の空気を抜きながら優しく揉み洗い
  5. 洗浄液が濁ってくるので、一旦捨てて新しく作り直す
  6. 洗浄液が濁らなくなるまで上記を繰り返す
  7. 濁らなくなったら、さらに新しい洗浄液をつくる
  8. ジャケットを30~1時間程度浸け置きする
  9. 洗浄液を捨て、きれいな水を張る
  10. ジャケットをやさしく揉みすすぐ(3~5回程度)
  11. 洗濯機の脱水を1分程度かける
  12. しっかりと乾燥させる

洗浄液のすすぎ残しや、水気が残っていると、菌が繁殖して臭いの原因になるのでご注意を。

よくすすぎ、よく乾燥させるのが成功のコツです。

ただ、見てもらって分かるように、ダウンジャケットを手洗いするのはかなり大変なんです…。

手洗いにかける時間や手間、水や洗剤のコスト、手洗いのリスクを考えると、やはりクリーニングに出したほうがいいのではないかなぁ…と思ってしまいます。

まるこ
まるこ

とはいえ、手洗いに慣れている方なら問題ないと思いますよー!(わたしは無理でした…、、)

スポンサーリンク

ご注意!こんな方はダウンジャケットが臭くなる

せっかく臭いがなくなったダウンジャケットも、取り扱い方を間違えると再び臭くなってしまうかもしれません。

ダウンジャケットを使用、保管するときは次のことに気を付けましょう。

  • できるだけ濡らさない
  • 濡れた状態で放置しない
  • 着用後は風通しをよくしておく

例えば、雨の日にダウンジャケットを着てそのまま放置すると中のダウンに湿気が入って菌が繁殖し、臭くなってしまいます。

同様の理由で、着用中に汗をかいた場合もそのまま放置しないほうがいいです

万が一、濡れた場合は水分を拭き取ったのち、しっかりと乾燥させるようにしてくださいね。

着用後はハンガーにかけておくなどして風通しをよくしておきましょう。

スポンサーリンク

ダウンジャケットは日頃の取り扱いに気を付けよう

ダウンジャケットの獣臭い臭いは、羽毛から漂う鳥の脂や羽毛に繁殖している雑菌が原因で起こっている場合がほとんどです。

臭いを解消するには

  • 天日干し
  • クリーニング
  • 手洗い

といった方法がありますが、いちばんおすすめなのは、やはりクリーニングです。

お金は多少かかりますが、プロに任せると間違いありません。

また、ダウンジャケットを取り扱う時には水分や湿気に注意して、使用後はしっかり乾燥させるなどすれば臭いの再発生を防ぐことができますよ。

ダウンジャケットの臭いにお困りの方は、ぜひお試しください。